小倉エリアの新築戸建て|株式会社不動産ふたみん > 株式会社 不動産ふたみん 本店のスタッフブログ記事一覧 > ワンストップリノベーションとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

ワンストップリノベーションとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

≪ 前へ|小倉南区にある北九州工業高等専門学校の概要は?特徴や学科・コースを解説   記事一覧   土地購入前に知っておきたい!風水で縁起の良い土地や悪い土地の特徴とは?|次へ ≫

ワンストップリノベーションとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

カテゴリ:購入の豆知識

ワンストップリノベーションとは?仕組みやメリット・デメリットを解説

マイホーム購入の物件探しから、リノベーションの設計や施工までをまとめて依頼できる、ワンストップリノベーションが注目を集めています。
手間の効率化やローンの面などにメリットがあり、購入後に自分好みにマイホームを変えたいとお考えの方に、おすすめのリノベーションです。
今回は、ワンストップリノベーションの概要やメリット・デメリット、依頼できる会社の種類を解説します。

ワンストップリノベーションとは?概要や従来との違いを解説

ワンストップリノベーションとは?概要や従来との違いを解説

マイホーム購入後に、自分好みの住まいにするリノベーションを前提として、不動産購入を検討される方が増えています。
リノベーションには複数の工程がありますが、スムーズにおこなえる方法として選択する人が増えているのが、ワンストップリノベーションです。

ワンストップリノベーションとは?

物件購入後におこなう一般的なリノベーションとは、まず購入する物件探しのステップからはじまります。
気に入った物件が見つかったら審査を受けてローンを組み、その後に設計内容を決めて、リノベーション工事を開始します。
この流れのなかで、ステップに応じて、金融機関や不動産会社などとのやりとりも必要です。
一方、ワンストップリノベーションとは、通常はステップが分かれる物件探しから設計・施工まで、すべて1社が対応してくれるサービスのことです。
ワンストップリノベーションの登場の背景には、リノベーションを前提とした不動産購入の需要が高まっていることなどが挙げられます。
不動産会社が、買主の方の利便性を高めるサービスとして、ワンステップリノベーションの仕組みが提供されるようになりました。

従来のリノベーションとの違い

従来のリノベーションでは、物件探しは不動産会社とおこない、住宅ローンは金融機関に相談し、設計や施工は施工会社とやりとりするといったことが一般的でした。
そのため、やりとりする会社ごとに契約や打ち合わせをする必要があったのです。
一方、ワンストップリノベーションではこれまでと異なって、やりとりする窓口が1本化されることが大きな特徴です。
物件探しや資金計画、設計施工やアフターメンテナンスも、1つの会社にまとめて相談することが可能で、効率的なリノベーションの選択肢といえるでしょう。
従来通りの方法ではやりとりする相手に応じて不動産や金融、建築の専門用語や基礎知識の理解が必要となりましたが、ワンストップリノベーションであればそうした手間や負担も軽減されます。

窓口が1本になることは、リノベーションの状況確認がしやすくなることにも通じます。

▼この記事も読まれています
注文住宅の特徴とは?購入のメリット・デメリットもご紹介

ワンストップリノベーションの依頼先!会社の種類をご紹介

ワンストップリノベーションの依頼先!会社の種類をご紹介

さまざまなやりとりの窓口を1本化できることが魅力のワンストップリノベーションは、依頼する会社の違いによって、種類を大別することができます。
ここでは、窓口となる会社が委託をおこなうケースと、自社ですべての業務をおこなうケースの2種類をご紹介します。

窓口となる会社が委託をおこなうケース

窓口となる会社が、専門分野とは異なる業務をほかの会社に委託するケースです。
このタイプのワンストップリノベーションの種類は、「不動産会社が工事を施工会社に依頼する」「設計施工会社が物件探しを不動産会社に委託する」に分けられます。
不動産会社が工事を施工会社に依頼する
窓口となる業務は不動産会社がおこない、物件探しを自社でおこないます。
その後のリノベーションの設計や施工については、提携先の施工会社が担当する仕組みです。
しかし、不動産購入してワンストップリノベーションをおこなう買主にとっては、すべて1社が対応している形に見えるかもしれません。
この種類の進め方では、重要な物件探しや売買を不動産の専門家である不動産会社に任せることが可能です。
さらに、リノベーションの実際の工事は、施工分野のプロである施工会社に任せることができます。
そのため、複数の候補物件を検討している場合などに、適した依頼の種類です。
設計施工会社が物件探しを不動産会社に委託する
この場合は、工事を担う設計施工会社が窓口となります。
ワンストップリノベーションに取り組むにあたって最初に必要になる物件探しを、不動産会社に委託する形です。
この種類の依頼でも、窓口は1本化されているため、1社がワンストップで対応しているように感じられるでしょう。
リノベーションの実施内容や施工は、施工会社の得意分野であり、施工会社がメインにおこないます。
一方で、物件探しは、施工会社が委託している不動産会社の情報力などに左右される可能性があります。
リノベーションに適した物件選びのノウハウが豊富な会社であるかを事前に確認して検討するのが良いでしょう。

自社ですべての業務をおこなうケース

この種類は、オールワンストップリノベーションと呼ばれることもあるタイプです。
窓口をつとめる会社が、物件探しから資金計画、設計と施工までを自社スタッフが対応します。
委託とは異なり、会社間のマージンなどは生じず、コストについてお得な傾向にあります。
自社スタッフが中心となって対応するため、担当者同士の情報交換もスムーズで、リノベーションが進めやすいことも特徴です。
ただし、会社によっては、一戸建て住宅やマンションなど建物の種類による得意不得意がある場合も見られるため、ケースに応じた専門性を備えているかを確認することが重要です。

▼この記事も読まれています
不動産購入時の重要事項説明!チェックポイントや注意事項を解説

ワンストップリノベーションのメリット・デメリット

ワンストップリノベーションに取り組むメリット・デメリット

物件探しから工事までまとめて依頼できるワンストップリノベーションには、複数のメリットがあります。
一方で注意したいポイントもあるため、メリット・デメリットの両面を押さえて検討することが大切です。

ワンストップリノベーションのメリット

ワンストップリノベーションの代表的なメリットとは、窓口が1社となるため、打ち合わせが効率化できることです。
やりとりする担当者が変わり、その度に同じ説明を繰り返す必要もありません。
また、ワンストップリノベーションには費用面でのメリットも複数あります。
ひとつは、購入からリノベーションにかかる費用と諸費用をトータルして把握しやすい点です。
費用ごとに切り分けて考えずに、トータルで費用を捉えて予算配分を検討できるため、想定外の予算オーバーになりにくいでしょう。
ほかにも、ローンにかかる費用も抑えやすいことが、利点といえます。
ワンストップではない場合、不動産購入の住宅ローンと、工事のためのローンを分けて組むことになります。
つまり、二重ローンとなるため、各ローンに対して手数料などの諸費用が必要になってくるのです。
ワンストップリノベーションであれば、購入資金とリノベーションの費用をまとめて1つのローンで借り入れ、出費が重なる事態を防ぐことが可能です。
物件探しからはじめるため、リノベーションのプランを前提として、購入物件探しができることもメリットに挙げられます。
建築的な専門知識を備えたスタッフが、物件探しにも携わるケースも多く、安心してリノベーションに適した物件を選びやすいでしょう。

ワンストップリノベーションのデメリット

設計や施工など、ステップごとに特化した会社に依頼する方法とは違い、ワンストップリノベーションの場合には、担当ごとの専門性が優れているかを判断しにくい点がデメリットでしょう。
分野ごとの専門性に長けているかを判断する際には、実績が一つの目安となります。
デメリットのリスクを回避するには、ワンストップリノベーションについての会社のノウハウを確認したり、スタッフの人柄や対応力など、総合的にチェックして判断することが大切です。

▼この記事も読まれています
リノベーションと新築はどちらがおすすめ?メリット・デメリットをご紹介

まとめ

打ち合わせの手間を抑え、効率的に進められるワンストップリノベーションは、近年注目されるサービスです。
プランを想定して、リノベーションに適した物件探しができることや、ローンの1本化ができることも魅力といえるでしょう。
マイホーム購入後にリノベーションを検討している方は、ぜひこの記事を参考になさってくださいね。


≪ 前へ|小倉南区にある北九州工業高等専門学校の概要は?特徴や学科・コースを解説   記事一覧   土地購入前に知っておきたい!風水で縁起の良い土地や悪い土地の特徴とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 小倉エリアに特化!売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 不動産ふたみん 本店
    • 〒802-0804
    • 福岡県北九州市小倉南区下城野1丁目7-7
      ウェルカムネッツC棟 3-2号
    • 0120-023-223
    • TEL/093-932-3770
    • FAX/093-932-3771
    • 福岡県知事 (1) 第019592号
  • Twitter
  • 更新物件情報

    2024-07-21
    ーFITーフィットー小倉南区横代北町4丁目2期【小倉南区 新築戸建て】の情報を更新しました。
    2024-07-21
    ーBloomーブルームー小倉北区板櫃町 【小倉北区 新築戸建て】の情報を更新しました。
    2024-07-21
    ーBloomーブルームー小倉南区沼緑町1丁目1期 【小倉南区 新築戸建て】の情報を更新しました。
    2024-07-21
    ーBloomーブルームー小倉南区葛原東3丁目2期 【小倉南区 新築戸建て】の情報を更新しました。
    2024-07-21
    TAILOR HOUSE-テイラーハウス-飯塚市枝国の情報を更新しました。
    2024-07-21
    RESET HOUSE-リセットハウス-飯塚市潤野の情報を更新しました。
    2024-07-21
    RESET HOUSE-リセットハウス-直方市大字上新入④の情報を更新しました。
    2024-07-21
    ーサンコートー行橋市神田町 新築一戸建ての情報を更新しました。
    2024-07-21
    ーサンコートー行橋市下津熊 新築一戸建ての情報を更新しました。
    2024-07-21
    行橋市東泉 (新築一戸建て)の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」

二見 敬祐 最新記事



二見 敬祐

とにかくお客様に笑顔でいて欲しいです。 物件のお引き渡し後も頼られるとこちらも嬉しくなりますので、何でも頼ってください!

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


TAILOR HOUSE-テイラーハウス-飯塚市枝国

TAILOR HOUSE-テイラーハウス-飯塚市枝国の画像

価格
2,498万円
種別
新築一戸建
住所
福岡県飯塚市枝国
交通
飯塚駅
徒歩37分

ーサンコートー行橋市神田町 新築一戸建て

ーサンコートー行橋市神田町 新築一戸建ての画像

価格
2,698万円
種別
新築一戸建
住所
福岡県行橋市神田町
交通
行橋駅
徒歩11分

ーサンコートー行橋市下津熊 新築一戸建て

ーサンコートー行橋市下津熊 新築一戸建ての画像

価格
2,898万円
種別
新築一戸建
住所
福岡県行橋市大字下津熊
交通
行橋駅
徒歩16分

行橋市東泉 (新築一戸建て)

行橋市東泉 (新築一戸建て)の画像

価格
2,490万円
種別
新築一戸建
住所
福岡県行橋市東泉1丁目
交通
南行橋駅
徒歩24分

トップへ戻る